週末モデルMAG

女性の新しい生き方を見つける、ウェブマガジン。

vol.1 SEX in the CITY works

vol.1 SEX in the CITY

文:さっつん

初めまして、さっつんです。今日から時々週末MAGでコラムを書かせていただくことになりました。この「SEX in the CITY」は、あのアメリカの人気ドラマ、「SEX and the CITY」からきています。主人公のキャリー・ブラッドショーはNYで有名なセックスコラムニストなわけですが、ここでさっつんはセックスについてのコラムを書くわけではありません。

タイトルのSEXは「性別」という意味で、現代の働く女性にフォーカスしたテーマを、CITY=首都圏から発信していきたいと思っています。SATCのキャリーのように女性目線で、彼女ほど語れる経験はありませんが等身大で。おそらく元々敬語が喋りにくくて嫌いなので、言葉遣いもゆとり世代らしく乱れてくることでしょう。深刻なテーマに言及して反感を賈うこともあるでしょう。でも私は今後もこのスタイルを変えていく気はありません。迷惑なほど頑固な女だからね!

さてさて、それでは何をそんなに頑なに伝えたいのかお話しします。それは私が大学生だった頃に話は遡ります。大学2年生の時ジェンダー論という科目をとっていたことをきっかけに世界中の女性差別について勉強したのですが、日本では男女平等の社会が進展しており、「あなたたちが社会に出る頃は、女性が活躍できるような社会に変わっている」という話でした。

ところが、いざ社会に出て見てみると現実は違いました。表面上は女性の必要性をうたっていながら、女性の管理職はゼロで大事な決定は全て男性社員が握っている。酔っ払ってセクハラする人もいました。女性は”愛嬌”という意識が組織に根付いており、ゴミ集めは年数に関係なく女性社員たちが行なう。女性社員に雑用を回したり、言葉の節々に男尊女卑な考えが現れる男性社員がたくさんいました。そしていつしか女性たち側もそんな社会に諦めを覚えて、口を閉ざしてしまっていました。私に限らず社会で大なり小なり不当な扱いを受け、悔しい思いをした女性はたくさんいると思います。

今日の日本社会で、私たち女性は不当な扱いを受けたら「セクハラです!」「マタハラです!」と声をあげて被害者であることを訴えることができます。これは先代の働く女性たちが、今よりももっと劣悪な環境で、女性としての尊厳を持ち続け、戦い、働く女性の立場を確立してきたからだと思います。その恩恵を受けて、私はこうして堂々と社会に向けて女性目線のコラムを書けるのです。そして私たちにできることは、先代の女性たちが築きあげたこの社会を、もっと働きやすい社会にして若い世代に継承していくことだと思います。それこそが、私の使命だと思っています。このコラムを通して日本の女性たちが社会に対して問題意識を持ってくれたらいいな。そんな気持ちを、ここ東京から発信していきます。

あなたも週末モデルになりませんか?

週末モデルには、OL、看護師、カフェ店員など様々な職種の女性が所属しています。
皆さん本業もモデルの仕事もどちらも大切に、働くことを生きがいにしています。
週末モデルではそんな女性を全面的に支援しています。

Officialオフィシャルアカウント

  • twitter
  • instagram

Keywordキーワード

Rankingランキング

Ad

Editor執筆陣

goto pagetop