週末モデルMAG

女性の新しい生き方を見つける、ウェブマガジン。

美肌アプリに頼らない!プロのカメラマンに聞く、スマホで簡単プロフィール写真の撮り方(前編) HOW TO

美肌アプリに頼らない!プロのカメラマンに聞く、スマホで簡単プロフィール写真の撮り方(前編)

最近、美肌アプリが流行し、肌が綺麗に見えるような加工がスマホで簡単にできるようになりました。

しかし、モデルの宣材写真で見たいのは、黒目がちでマシュマロ肌に加工された「盛れ写真」ではなく、モデル本人が持っている「素材」です。美肌アプリでフィルターをかけてしまっては、その人の持つ個性が消え、映る人全てを均一化してしまいます。

クライアントにとって、商品やサービスの良さを伝えるためのキャスティングは、非常に重要です。

そのモデルが商品サービスのイメージに合うか、他の共演者とのバランス、広告物としての仕上がり等をイメージしながら、まずは写真のみで比較検討しなくてはいけません。モデルさんにとっても、お仕事が決まるかどうかの大事な写真なので、どうすれば書類選考でクライアントに第一印象をアピールできるか悩みますよね。

今日は上手なプロフィール写真(宣材写真)の撮り方を、女性を美しく撮る専門家、カメラマンの佐野円香さんにお聞きしたので、さっつんが実践してみたいと思います。

カメラの前に立つ時は完璧な状態で!

最新のスマートフォンのカメラは肌のコンディションもしっかり写ってしまうため、気になる毛穴やシミはコンシーラー等でしっかりカバーして、カメラの前に立ちましょう。もちろん髪のツヤ出しも忘れずに。第一印象が良いのは、流行にとらわれないスタンダードなナチュラルメイクです。清潔感のある仕上がりになるようイメージしましょう。

女性の肌を綺麗に見せる撮影場所って?

外の風景や自然を背景にとる宣材写真に憧れる人も多いと思いますが、自然光をコントロールするのはプロでも難しいもの。スマートフォンで簡単に撮るのなら、日光のたくさん入る午前中に部屋の照明は点けず、室内に日陰のような環境をつくって撮ることをおすすめします。

背景に白やグレーの壁を選ぶと肌が明るく見えてグッドです。
青い壁は、肌や髪色、瞳の色に影響し印象が青っぽく見えてしまうので注意しましょう。

【NG】照明の下
顔の高いところに光が当たり鼻や頬骨などが目立つ。

【NG】インテリアなどが映り込む
生活感が出てしまい、プロフィール写真としてのクオリティーが下がる。


プリクラのように、正面に光源があると、肌の凹凸が現れにくくなるので、自然光の入る窓に向かって正面に立ちます。

その際、直射日光が当たる場所や、サイドからの光が当たる場所は避けましょう。

【NG】光源(窓)が横にある
横半分が暗く影のある人物像にうつる。肌の凸凹も浮き彫りに…。
【NG】ブラインド等の影が写り込んでいる
顔に模様ができてしまっている。
【NG】直射日光が当たる
顔がテカり、瞳に光も入らない。さらに背景が暗くて少し不気味な印象に…。
【OK!】
顔の凹凸がなく均一に見え、瞳の中に光も入っている。白壁にライトグレーの服で写真全体が明るく見せるのもコツ。

綺麗なプロフィール写真を撮るには、撮影前の準備や撮影環境を整えることがとても大事です。後半では、肌年齢を若く見せる技やレタッチについて紹介していきます。次回もお楽しみに!

カメラマン 佐野円香さん

15歳より独学で写真を始める。
2008年 アシスタントを経てフリーランスとして独立
2010年 【STUDIO VOICE別冊 JAPANESE PHOTOGRAPHERS100】に掲載される。同年、朝日新聞 に女性写真家として紹介。
2012年 pu’u設立、フォトブック【アニマルガールズ】企画・撮影
2013年 第61回朝日広告賞グランプリ受賞
2016年 BSテレビ”ラジオな二人”トークゲスト出演、関西テレビ”村上マヨネーズ”出演
▼連載中企画
徳間書店アイドルカルチャー誌【OVERTURE】“OVERGIRL”
集英社【週刊プレイボーイ】“週末モデル”
㈱シンコーミュージック【WOOFIN’】“ウィズマイガール”
スニーカーキュレーションサイト【SNEAKER HEROS】”さのスニーカー’s”
ライフスタイルwebマガジン【DIYer(s)】“工具 みーつ ガール。”
自主連載 【季節の果実】

詳細はこちらをご覧ください。

あなたも週末モデルになりませんか?

週末モデルには、OL、看護師、カフェ店員など様々な職種の女性が所属しています。
皆さん本業もモデルの仕事もどちらも大切に、働くことを生きがいにしています。
週末モデルではそんな女性を全面的に支援しています。

Officialオフィシャルアカウント

  • twitter
  • instagram

Keywordキーワード

Rankingランキング

Ad

Editor執筆陣

goto pagetop