公式アンバサダーブログ

管理栄養士おすすめ!ビニール袋で夏野菜の超簡単・腸活レシピ! | 公式アンバサダー水谷俊江

管理栄養士・腸活カウンセラーの水谷俊江です。

暦の上では8月は秋ですが、現在真夏の真っ只中。暑い!!

こんな時に元気なのはトマト、かぼちゃ、パプリカなどのカラフリーな夏野菜たち。

野菜の中でも夏野菜が特に鮮やかな色なのは、野菜自身が鮮やかな色をまとうことで、強い紫外線から身を守っているからだそうです。

嬉しいことにカラフルな野菜には腸内の善玉菌を育てるはたらきがあります。また食物繊維も含まれているので便秘の予防、改善も期待できます。

緑黄色野菜の摂取頻度の高い人ほど善玉菌の保有率が高いとのデータも報告されているのですよ。

そこで今回は夏野菜を使った、時短簡単レシピをご紹介します。
火を使わずにビニール袋で揉むだけ簡単。作り置きにもおすすめです。

「トマト丸ごとソルベ」

①トマト1個は洗って水分をふき取ったらビニール袋、あるいは密封できる袋に入れて冷凍する。

②トマトが凍ったら皮をむきます。(手でするっとむけます)

③袋に戻し砂糖小さじ1~2、レモン汁小さじ1を加えて、袋を閉めて押しつぶしたら出来上がり。

④食べる直前にオリーブオイル、塩コショウ少々かけると更にうまみがアップします。

「ごま油香るパプリカのナムル」

①パプリカは洗って水分をふき取り、食べやすい大きさに切る。

②ビニール袋に切ったパプリカを入れ、しょうゆ、酢、砂糖、ごま油それぞれ小さじ1を加えて袋を閉めて冷蔵庫へ。

③30分以上冷やして出来上がり。

夏野菜で紫外線に負けない肌を

夏野菜のような色鮮やかな野菜にはβ-カロチンが多く含まれています。

β-カロチンは肌や髪の細胞つくりにかかわっているため夏のダメージを受けやすい肌や髪の修復に欠かせません。

β-カロチンは油に溶けやすいため、今回ご紹介したレシピのようにオリーブオイルやごま油を加えることで体への吸収率がアップします。

夏に負けない肌や髪に夏野菜!おすすめです。

この記事を書いた公式アンバサダー

水谷 俊江
管理栄養士/腸活カウンセラー
レストランや美容・健康・ダイエットなどの情報を発信。
子供の自立後、やってみたいこと、やったことのないことに挑戦したいとフラワーアレンジメントインストラクター、ビーズフラワーインストラクターなど様々な資格を取得。
現在は講談師を目指して修行中。
※モデルページはログイン後アクセス可能です

COLORFULLYについて

『COLORFULLY』は、モデル活動をはじめとした複業で、日常をカラフルに彩りたい女性と、女性のリアルなストーリーに共感する企業を結ぶマッチングプラットフォームです。登録無料で、モデル手配のみならず、Instagram投稿や商品企画への参加者なども募集できます。

※2022年4月1日「週末モデル」よりサービス名を変更しました。

\「COLORFULLY」はユーザー数日本最大級(※)
モデルユーザー12,000人以上、企業は2,700社以上が登録!
まずは仮登録いただき、お仕事&モデル情報をご覧ください!

※自社調べ。複業女性のモデルデータベースとしては日本最大級。2022年7月現在の数字です。

App Storeからダウンロード

Google Playで手に入れよう

モデルとして仮登録

※審査を経てから本登録になります

COLORFULLY(旧:週末モデル)とは

iphone